読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その一献…是非に及ばず

お酒とビートルズが好き(ジョン派)。日々感じることや、呑み屋レポートなど。少しでも皆さんと共感できることを願って。

一宮にて…3【第1夜】と…

先月の一宮出張にて、ぶらり立ち寄ったお店の続き…について、ひとつご説明します。


このお店なんですが、先月の出張時に実は2回訪問しておりまして;^_^A


当初は2回の訪問をひとつの記事に纏めようと考えていたのですが、それぞれにお会いした方々とのご縁、お酒もありますので、第1夜、第2夜、と分けて記事にさせていただきますm(_ _)m




地元のお酒〔金銀花〕を傾け、程よく回る酔いを楽しみながら女将さんにお店のことを伺うと創業40年。ご両親の後を継いで現在では、三姉妹で店を切り盛りしてるとのこと。


気になってた串カツを注文すると女将さんが、

「ソースにする?味噌にする?」


(味噌…もしかして)

「その味噌って…」


「どて煮込んでる、お味噌」


(うわぁ〜やっぱりか…)




「それ悩みますね〜どっちしよかな、、」


「じゃ、1本ずつしよっか?」


「いいっすか?それお願いします」


f:id:war-is-over:20160926105614j:plain


おわかりかと思いますが、左側がどて煮込んでる赤味噌にくぐらせた串カツくん。




ここで、脱線しますが語らせてー(笑)


この何気ない、女将さんとのやりとりですが

この行間に、大袈裟かもしれませんが呑み屋の風景があるんです。

串カツをソースでいくのか、赤味噌でいくのか…呑み手としてはご当地スタイルを外す訳にはいかない。かといって、2本とも味噌というのも、胃に負担か…


ほんなら、味噌とソース1本ずつゆーたらよろしいやん、というお声。



それは僕には難しいんですわ。

常連ならともかく、出張で入った一見の呑み屋。

例えば…


「味噌とソース1本ずついけます?」



「うち、それ出来ないんですよ」


「あぁ、じゃあ大丈夫です…」

(大丈夫ちゃうやん、してほしかったやん)

みたいな心境なりたくないんですね、やっぱり。


そんな、味噌でもソースでも食べたいと悩んでいるところに、あの台詞。


心配りです、一言で呑み手のお酒は旨くなるんですね。女将さんからしたら、なんでもないことだと思います。1本味噌に付けたらいいんですから。でも僕が迷ってるのをすぐにわかって、さりげなく言ってくれた一言。


何気ない対応でその店がどういう店かわかります。


と、いうのも中には申し訳ないですけど、ほんま出来てない店ありますからねー。

あー、思い出してきた。腹たってきたわー。


いいですか?少し脱線継続しても?


あれは、おとんと何度か顔を出してる地元の老舗居酒屋へ行った時のことです。

焼き鳥を食べたくなりまして、お品書には


⚪︎ねぎ身(3本)


⚪︎皮(3本)


⚪︎肝(3本)


確かこんな感じだったと思われます。


(3本かあ…3本も要らんねんな)


うちの、おとんは昔から鶏肉全般的に一切食べないんです。宗教的な理由でもあんの?

くらいに食べないんです。茶碗蒸頼む時も、必ず「鳥入っとんかな?」聞いてはりましたわ。


そういう理由もあり、僕自身も1つの部位に3本も要らんと。心理的には、出来れば2本に出来ないかorそれぞれ1本ずつの抱き合わせで3本にならないか。


とりあえず、いつもいるホールのにいちゃんに聞いてみるか。


「すんません、この焼き鳥ね、できたら2本ずつとか、各1本で3本とか…」


出来ないんすよ」


(まだ途中や、なに被せてきとんねん)

「そうなんやね、じゃあいいわ」


もうね、ないなーと。店的には、出来んかもしれん。それでも一度「厨房に聞いてみます」とか、「確認してきます」とかできんかと。

ようは融通の利かない杓子定規な対応。

ここが大手チェーンの居酒屋ならまだわかりますよ。


そんな難しいかと、各部位1本ずつにして焼くの。ちなみに同じ価格ですからね。


各部位に対して絶対的に3本で焼かなあかん仁義があるんかと。単品や抱き合わせで焼いたら他の部位に、しめしつかんのかと。叔父貴にしばかれるんかと。


それともここは3本ワンセットの真空パック焼き鳥大量にストックなんかと。通販かと。



「わかった、わかったからちょっと待って!」



f:id:war-is-over:20160928103045j:plain


(総一朗…また来たんか)

以前一度ブログ登場してます(笑)


主観的とは言え。かなりお店に対して高圧的な発言でした、申し訳ありません。でも、思い出すとねー、一宮の女将さんの対応と比べるとねー、やっぱり、相手の気持ちを考えて…



「一旦、CMいこう」


前略…みなさま

ご無沙汰しています。


ご訪問ありがとうございます。

この文字を読んでいただいてる方々に心より感謝申し上げます。


もしかしたら、そんなに深く考えることはないかもしれません。ただ、性格上、考えてしまうんですよね。以前に記事書かせていただきましたが今の自分、要はブログ投稿拒否症候群に陥っていると思われます。


診断書はないので、あくまで自己推測ですが。(笑)


何故こんな状態に陥ったのか自分なりに簡易分析しますと、仕事を含めた生活リズムが崩れ、ブログ更新の間隔が徐々に長くなることが一つの大きな要因と考えられます。


それと共に自分が読者である、他のブロガーの皆さんの記事を読み、自分には書けないと比較論を展開し、自己嫌悪感が生まれる。


そして、なんとなくブログ始めた意味とか、何の為に書いてきたんだ?そしてこれから何の為に書いていくの?と自問自答する。

負のスパイラルに自ら追い込んでゆく感覚でしょうか…


ブログに関してはそんな時期を過ごしていました。ほんと、今回情けないというか、愚痴をブログに記事として載せています。


じゃ、やめたらええやないかと、いう話。

ごもっともです。


しかしながら、一期一会、合縁奇縁のこの世…


自分も踏ん張って、書けるときに全身全霊自分らしい記事を書けたらと思っている次第であります。


そして、共感していただける人がいれば、それでいいんですよね。


それを気づかせてくれた励ましてくれた友人にこの場をお借りし、感謝申し上げます。


ブログ更新リハビリ、開始致します!


追伸


読んでいただいてる皆さん、また思い出したら来て下さいね。

あいつ更新出来とんか?的な感じで。


ブログを通じて出会ったブロガーのみなさま、あなたらしい素敵な記事を書いて下さい。応援しています!



追伸2


こいつ、かなり病んでんちゃうの?

大丈夫かいな?的なこと、思われた方々…


大丈夫ですよ!今も、自宅でのんびり白角ハイボール呑んでますから。


f:id:war-is-over:20160922203200j:plain


先ほど、空になりました(-。-;

白角も良いですよー。


草々


一宮にて…2

f:id:war-is-over:20160911122437j:plain

さて、後はこの扉を横にガラガラ〜とスライドするだけ。

どんな景色が待っているのか…


頭をよぎるのは、扉を開けた音とほぼ同時に

カウンターに座ってる常連さん達の、そう!

あの一瞥。


(誰や、お前…)




(誰でもええやろ…お前の店かここ?)


あの刹那的な威圧感に心で対処できれば、あとは、堂々とカウンターに腰を下ろす。



期待と不安…




10分経過…



f:id:war-is-over:20160911123301j:plain


入って良かった〜。


f:id:war-is-over:20160911123911j:plain



f:id:war-is-over:20160911124434j:plain


呑み手の心擽る店のお手本かな(笑)




20分経過…



f:id:war-is-over:20160911124738j:plain


〔金銀花〕金銀花酒造 愛知県一宮市


このお店のお酒は、地元の銘酒

〔金銀花〕1本。


お店の看板にもありましたよね。 

僕は好きなんです、地酒1本で勝負しているお店。いろんなお酒は置くより、うちは昔からこれ!女将さんが言ってはりました。


出張で来たと伝えると、女将さんがいろいろ話掛けてくれます。その気遣いがお酒を一層旨くさせます。まだまだいい気分で呑めそうです。


つづく…





取り急ぎ2.一宮にて…

皆さん お久しぶりです。


今週は月曜から愛知は一宮に出張にいってました。先週の出張では名駅にて、久しぶりにいいお店で呑むことができました。


さて、今週の出張、一宮にて旨い酒呑めるでしょうかねーって、先ほど神戸帰ってきたんで、そんなもったいぶらんでもいいんですけどね。


f:id:war-is-over:20160909200731j:plain



いやね、ふと

連載風にしたろかと。ひとつの記事を分けて更新したろかと。(笑)


というのも、やっぱり記事を書くってパワー要りますよね。いくらブログ楽しむといっても、読者の方に少しでも共感してほしいし、納得する記事を書きたいですから。書く側のマナーというか…


それにとらわれすぎると書けなくなる。

といって、納得しない記事を書いて更新するのも…

更新義務症候群に陥りそう。 



だから、軽く悟り開きかけましたV(^_^)V


短くても、自分が納得して更新しようと。

いつも僕がお世話になっているブロガーの皆さんも感じたこと一度はあると思いますけど、自分が納得した記事書いて反応薄いと。少し乱雑かなと、更新したら🌟やたらついとると。


ほんなら、最低限このハテナブログの場で、自分が何かしらのメッセージがあれば良いかなと(^-^)/


その一つの方法が、例えば連載と。 

1話1話に思い込めると。

(ちょいしんどなっとるだけやん)


あたかも自分が文藝春秋に連載してるかの如く書き下ろすと。(笑)


ということで、思い出したら覗きにきて下さいね。



そうそう、一宮呑み屋探索でした。


仕事終わりにぶらついて、気になるお店は見つけましたよー。

看板、提灯、店構え…

申し分ない。

あと必要なのは、暖簾をくぐる勇気です。


f:id:war-is-over:20160909211939j:plain


果たして…



第2回へ続けます…


晩夏の名駅にて…

みなさん、おつかれさまです。

昨日まで名古屋に出張にいっていました。

 

以前なら、「名古屋にて…」のタイトルで記事書いてんですけど;^_^A

情緒不安定な、最近(笑)

原因のひとつは、この時期に思い感じる季節のせいですかね。

夏が「もう今年も頑張ったから、後は秋にまかせるわー」とゆっくりと

フェイドアウトしてますよね。

 

それは、朝夕の気温とか、雲のカタチとか、

風の匂いとか、日没の時間帯とか…

KIRINの〔秋味〕が店頭に並んだとか。

 

いわゆる秋の気配を感じるこの時期ですね。

秋へと移りゆく前に、夏さんありがとう。

 

そんな状況下での名古屋出張でしたが、

この度、私事ではございますが久しぶりに

よい店で旨いお酒呑みましたよ。

 

愛知県出張は結構あるんですが、なかなか名古屋で呑めてない。

気にはなるお店もあったのですが、ホテルから離れていたり仕事終わってからでは、too late.

 

今回は宿泊するホテルが以前から気になるお店がある名駅(名古屋駅周辺の地名)周辺です!

 

朝、仕事前にそのお店を検索すると…

なんとホテルの横の通りにあったんです。

 

行くんです、行かなければならない戦いが…あるんです!

(久しぶりに呑み紀行書かしてくれ、お酒ジャンルのグループやのに全然最近、お酒関連書けてないんや、通勤あるあるみたいな、なんのブログかわからんことなってきとる)

 

仕事終わって、20時過ぎ。事前情報では21時L.Oの21時30分閉店。

 

せっかくなんで、いつも仕事でお世話なってる若い子誘ったら、二つ返事で「いきましょか」と。

若いといっても、今の現場仕事では職人級。仕事の段取りや状況判断とか見ていても的確。

上司の支離滅裂な仕事話を延々と聞きながら、無理やり頷いて呑むより、仕事では大先輩だけどプライベートでは気が合う若い子と楽しく呑める!嬉しいなあ。

 

はよいかな、閉まってまう…

 

 

お店到着!&お先お待ちの2組さん!

流石は地元の方からも愛されてるお店ですね。

 

f:id:war-is-over:20160902211526j:plain

 

 

店頭で、暑さの中、焼きもんと真剣勝負してる大将…渋い!

 

 

とにかく久しぶりに地方で呑めることが嬉しい楽しい大好きっ♪

 

f:id:war-is-over:20160902212426j:plain

 

メニュー眺めるだけで、ほっとしてる。(笑)

 

 

 

f:id:war-is-over:20160902212848j:plain

 

    「どて煮と赤星」

 

なんか絵画の名作のような名前ですね。

 

どて煮…何本でもいけます。

 

 

f:id:war-is-over:20160902213518j:plain

 

肝焼き…美味しいって素晴らしいことですね。

 

後ろに、映る…ライス大(笑)

若い子です=(^.^)=

いいよね、腹減ったとファーストオーダーからライス大。

「うまいっすね」と言いながら白飯ガンガンいく姿…見てるだけで心地よい。

 

 

f:id:war-is-over:20160902214406j:plain

「ちこ水、梅入り」

この〔いいちこ〕グラスめっちゃ好きなんです。多分ね、個人的にはiichikoの字体にやられてるんでしょうね。

でも正直いうと僕がオーダーしたのは「麦の水割り梅入り」なんで、この焼酎〔一番札〕かも!〔二階堂〕かも(笑)

でもいいんです、これで。

 

ほんと久しぶりに原点回帰的な楽しい地方呑みできた気がします。

 

 

最後に大将にお話し聞くと、創業60年3代目で跡継ぎもおられるとのこと。

これからも守っていって下さい【名駅の名店】を。

 

 

 

 

この笑顔されたら

誰でも呑みにきたくなるよ、大将…

 

f:id:war-is-over:20160902220141j:plain

 

 

つくづく思いました。

やっぱり人なんだよな。この世の中。

 

 

 

 

 

 

 

取り急ぎ…

前略

皆さま


ブログ更新間隔があいてしまい、断続的に軽い投稿拒否に陥っていたようです。


なんていうのかしら、ふと書くことに悩んでいた。そんな時は無理に書いて更新しても、よい記事にならない気がしてます。

そんないつ更新するかわからないにも関わらず、このブログを気に掛けて訪れてくれる皆さま、ありがとうございます。


全く更新してないときでも、数アクセスでも誰かが毎日、ブログを見にきてくれていることをありがたく思っています。


自分を気に掛けてくれている、気に掛けてくれてる人がいるんだと感じることは、ブログだけでなく、自分が生きていく上で励みになります。

僕は僕らしく、続けてまいりますのでよろしくお願いいたします!



取り急ぎ、お礼まで


草々



電車にて…case1

 

皆さん、お久しぶりです。

ブログですが約1週間以上、更新できずにいますと

更新しなければーという思いがありつつも、焦りも加わり不安も生じ

軽度の投稿(更新)拒否みたいな状態になってしまいました。

 (大丈夫!うまいことゆーた)

 

今の心境をお伝えしますと、病み上がりの登校(投稿みたいな感じです。

(そう、その調子!)

 

みんな受け入れてくれるかなとか、授業めっちゃ進んでるんやろなとか、

挨拶するん緊張するなーとかね。あの久しぶりに学校に行く感覚と似てます。

ブログ休みすると、こうなること学びました。

マイペースで頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

さて、

酷暑は続いておりますが、お盆を過ぎると、気持ちは夏!というより

秋へ向かいますね。秋を感じた瞬間(秋観測)しましたら、またブログで報告しますー。

 

ところで皆さんは電車では、

座りたい派、座らない派…?

空いてたら座る派? 

 

空いていても座らない派?

(それ座らない派や)

 

【座りたい人も座らない人もここちよい世の中へ】

 

(JTのキャッチコピーみたいなっとる!?)

 

電車乗って人間観察してたら面白いですね。

明らかに次の駅で降りそうな人を推理して、その人の前に陣取るおばちゃん。

(だいたい両手にどっかのデパートの紙袋持ってんな)

 

4人ボックス席の前に立ち、確率重視の中年女性。

 

電車がスピードを落とし、駅が近づくとSP警護みたいに的確に車内の空席状況を確認する男性。

  

電車は日常の一部!という方もいらっしゃると思います。電車っていろんな意味で興味深い。

尾崎豊さんの歌詞にもありましたねー

「電車の中 押しあう人の背中に いくつものドラマを感じて…」

 

電車に乗っていて遭遇する日常…

 

先日、電車に乗っていて、「またかいな」と思ったことありまして、どうでもよいですがご報告させて下さい。

 

その時、車内は座るところが埋まっているくらいの乗車率でした。

僕はほぼ立つ時は、進行方向を向き、ドア横の手摺を持ち、車窓から流れる景色を見る。車内ルティーンです。

進行方向の逆向いたら、なんか後ろ向きで走ってる感覚で気持ち悪くなるんです。

 

だいたいドア周辺に立ってる人が多いですよね。

 

ゆっくり景色見よかと、車窓越しから外を眺めると…

 

 

 

 

【なんかちょうど目線の高さに、おデコの痕みたいなん、ついとんです!】

 

 

わかりますか~みなさん。ドアのガラス部分に、まる~い感じの、たぶんおデコを

当てたみたいな痕。指紋ではなく、額紋ともいうのでしょうかね・・・。

 

一つくらいなら、いいんですけども、横にずらしてまたおデコ当てとんですかね~

ちょうど目線の高さくらいに4つくらいついてるから、見にくい見にくい。

景色ボヤボヤ。背伸びしたんですけど、背伸びして外見る程でもない。(笑)

移動しようかなーと思ってもだいたいドア付近に人います。

僕の目の前におデコ紋…

 

(なんでこんなにおデコ窓に当てたんやろ?)

(なんか熱っぽくて冷たさを窓ガラスに求めたんかもな)

 

(いや、もしかしたら僕みたいに景色眺める奴にたいしての陰謀か…)

(どうや見にくいか?今度はオプションで手形もつけたるわ)

 

WHY? SO MUCH  おデコ紋 HERE?

 

 

ドアの窓ですから、手の痕がついていたりね。いろいろな痕があるんですけどもね。

 

自分の立ったドアにやたらおデコの痕がついてる確率が多いと。


以前、ブログで通勤時に、自動改札機を自分の前で鳴らされることが多いとお伝えしましたがその電車内バージョンです。

 

 

今度一回、〔ガラスマジックリン〕持参して窓ピッカピカに拭いたろかと。

それから眺めたろかと。

 

他の乗客びっくりするでしょうね。

突然、乗ってきた人が迷わず鞄からマジックリン取り出してドア窓拭きだしたら。

 

乗る前からすでにマジックリンと雑巾持ってたらどうですかね。

(なんで、持ってんのマジックリンと)

 

【つめかえ用】さらにびっくりですね。

(本体ちゃうの!!と)

 

申し訳ございません。久しぶりのブログで少し浮かれてしまいました。

 

皆さんはどうなんでしょうか。もし今後電車のドア付近に立つことありましたら

おデコ紋(額紋)確認してみてくださいね。

 

 

 

追伸:電車にて…case2は少し真面目な話です