読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その一献…是非に及ばず

お酒とビートルズが好き(ジョン派)。日々感じることや、呑み屋レポートなど。少しでも皆さんと共感できることを願って。

雨と言えば…

今週のお題「雨の日グッズ」


僕、そんな雨は嫌いじゃないです。


というより、雨音とか、ガラスに雨があたって滴が流れる感じや、間があいて作動するワイパー音とか好きなんです。


心にゆっくり浸透していく叙情的な感情を

雨は運んできてくれる。


そういう意味では、【雨の日グッズ】といっても、雨を避ける為に具体的に使うのではなく、どちらかというと雨を受け入れる派ですね。

 

若い頃は、お気に入りに場所に車止めて、ジョージアのカフェオレ、ホルダーに入れて、タバコに火を付けて、ベタですけどやっぱりカーペンターズ聴いてましたよ。


『カレン…なんて切なくしっとりした声を出すんや、ジョンやポールが《天使の声》と絶賛しただけはある』と意気がりながら。


もう一つ、網戸にして雨音を聴きながら眠る

のも好きですね。




実は先日、いい感じの雨音(笑)だったので何箇所かの窓を開けて寝たんですが、翌日カミさんの声が…


『ちょっと!こっち来て!』


『何かな?』


『これ見てよ、どういうこと?』


『何がなん?』

とカミさんが指を指す床をよーく見ると、

あっ、めっちゃ濡れてる…というか…



水浸し‼︎


ほんの部屋の一部分だけ、


床上浸水‼︎(笑)



『なんで、ここの窓を開けて寝るん⁈』



『い、いや、雨が奏でる…自然の』


『雑巾もってきて』

『ここの窓雨避けないねんから、雨入ってくるの普通わかるでしょ?』



推理してみよう。


昨夜、僕はこの部屋に入った時、これくらいの雨なら部屋に進入するほどではないと考え、網戸越しに窓をフルオープンにした。


しかし、今、目の前に広がる水の量から察するに僕が眠りについた深夜の1時以降、かなりの横なぐりの雨が降ったと認めざるを得ない。


重い口を開く…


『昨夜、ご主人は、雨音を聴きながら寝ようと考え、この窓を開けた…

しかしご主人が眠りについた午前1時以降、想定外の比較的強い雨が…』



『いいから拭いて』



『喜んで!』

ちょうど部屋の床拭きできるからな』


皆さんも、雨音を聴きながら寝る時は

窓の形状を確認することをお勧め致します。


自分では大丈夫と思わずにその窓は大丈夫なのか、第三者の厳しい目で判断してもらっていただきたい。



最後に僕の雨の日グッズは【雨音】。