読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その一献…是非に及ばず

お酒とビートルズが好き(ジョン派)。日々感じることや、呑み屋レポートなど。少しでも皆さんと共感できることを願って。

『RUBBER SOUL』

 

「RUBBER  SOUL」 

f:id:war-is-over:20160620104057j:plain

 

 

「RUBBER  SOUL」

りぴ~と あふた~ みぃ~。

 

 

「RUBBER SOUL」

はい、わんすあげ~ん!

 

 

「RUBBER SOUL」!

OKっ! かもんっ!

 

 

「RUBBER SOUL」!!

 もっとこいっ!(長渕風)

 

 

「RUBBER SOUL」!!!

せいやっ!

 

f:id:war-is-over:20160620115205j:plain

 

 

 

 

「RUBBER SOUL」

口に出して発音するだけで、渋みが増しますね。

トップ画像にあるようにビートルズのアルバムです。

 

僕はビートルズの中で一番好きなアルバムが『RUBBER SOUL』。

1965年の発売ですから、中期の初期頃?作品といえるでしょうか。

 

 

一番に選んだ理由を簡潔して述べますと、(語りだすと切りがないかと)

 

●大好きな曲が多く収録されている。

(「IN MY LIFE」「NOWHERE MAN」「GIRL」など)全部ジョンの曲や(笑))

もちろんポールの「YOU WON'T SEE ME」「I'M LOOKING THROUGH YOU」

外せません。

 

 

●個人的に、この時期のビートルズの創作意欲、精神状態、ルックス、曲の完成度などを総合して脂の乗り切っている感を強く感じる。

 

f:id:war-is-over:20160620120032j:plain

いやー、この頃ほんま渋い。

 

ジョンがリッケンバッカーからエピフォンカジノに変えた頃の時期が大好きなんです!

いやあ改めてと言うか今まで、何千回とすごいなーと思ってきましたが、

このときビートルズメンバーだいたい25歳前後だと思います。やっぱりビートルズそのものが奇跡なんだわ。

 

 

●そしてこのアルバムがないと困る。 以上です。

 

 

皆さんも、以前に友達とこんな話したことありませんか?

 

もし、無人島に生活することになってアルバムは全部で5枚しか持っていけない。

何を持っていくか。

 

久しぶりにアルバム引っ張り出して、

『THE BEST ALBUM OF MY LIFE』選んでみては。