読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その一献…是非に及ばず

お酒とビートルズが好き(ジョン派)。日々感じることや、呑み屋レポートなど。少しでも皆さんと共感できることを願って。

(少し)上を向いて歩こう…

皆さん今日も1日お疲れさまでした。


さて、質問致します!

皆さんは地元の景色をどれくらい知っていますか?

通勤、通学路、最寄駅やバス停、近所のスーパーにお気に入りのお店までの道のり。


イメージ出来るとは思うんですが

 生活している地元の馴染みある風景でも案外知らないことあると思います。


例えばご用達の自宅周辺のコンビニ…


どんなビルに入ってますかーっ?


マンションですかーっ?


何階建てですかーっ? 


(1! 2! 3! 階建て〜ダアーッ‼︎)


単独店舗なら、そのコンビニの向かいには

何があるでしょう?


 商店街があるなら、八百屋さんの横の横は何屋さん?  


電気屋さん、大丈夫ですか?

(ほっといたれ)


時計屋さん、販売より修理メインですね?

(もっとほっといたれ)


皆さん!

日々仕事に家庭、育児、学校などに追われながらもご苦労様ですm(_ _)m

それゆえ、ゆっくり地元を歩く機会が少ないかも知れません。

必要最低限、今の日常に必要な景色だけを見て生活している。

だから、たまには

目線を上げて、少しだけ上を向いて

そして周りを見ながら

ゆっくり

歩いてみては如何でしょう。


当たり前の景色でも

目線を少し上げて歩くだけで


『あのマンション、ベランダ狭っ!』


『けっこう避雷針って付いてるんやな〜』

f:id:war-is-over:20160628164055j:plain

って、大仏さん‼︎

(えぇ〜大仏さんに雷直撃さすの?)



『そんな所に看板かかってんの!』


『たしか、ここの中華屋も入れてないな』


とか、どうでもいいけど新鮮な地元の景色に遭遇していただきながらですね、


『そうかあ〜こんな街だったんだあ〜と』


意外に楽しい時あるんです。(笑)



サンプル画像。(war-is-over撮影)

通常風景①(自分の目線に合わせた風景)

f:id:war-is-over:20160627165338j:plain



少し上を向いた風景②

f:id:war-is-over:20160627165523j:plain

 

向き過ぎ〜っ!

真上見てますやん、クビ凝るわ。

しかも曇ってるし。


上を向き過ぎで歩いてしまい

申し訳ございませんでしたm(_ _)m



少し上を向いた風景③

f:id:war-is-over:20160627181256j:plain


この度の

【少し上を向いて歩こう】での

新たな発見をお伝えします。


●セブンが入ってる部分のマンション構造が、低層階だと気付いた。

(セブンの上は3階と4階まで、写真③参照) 

マンション自体は高層階メイン。


●電線というものが、こんなに縦横無尽に張り巡らされているんだと、改めて気付いた。(写真③参照)


(たがらどないやねん!)


   そう言わず


【少し上を向いて歩いてみた

   何気ない発見の中に

   幸せヲ見つけたかも知れない】


詩集〔小さな日常の幸せ〕(仮題)より

著者   war-is-over



いつでもできる!


(少し) 上を向いて歩こう♪♪



補足:

地元周辺のみならず、

勤務地周辺にも応用していただけます。